フューチャー・スキルとは?

フューチャー・スキル、または一般的に知られているソフトスキルは、タスクに対するコミュニケーション、思考、アプローチの仕方に基づいたスキルです。会社から強く求められているこれらのスキルは、他者との強力な関係を構築し、効果的に働くことに役立ちます。

グローバル・スキルのギャップ

  • 92%のエグゼクティブは、ソフトスキルは技術スキルと同等またはそれ以上に重要であると述べています。
  • 応募者のソフトスキルが不足しているため、雇用主の1/4が新入社員の採用が困難だと考えています。
  • 学校のカリキュラムが自分の人生にとって「大いに役立つ」と答えている生徒は5人中たった1人だけで、4人中3人の生徒が、将来就職するためには、より良いライフスキルが必要だと考えています。

変化する職場環境

企業がコストを削減するために人間をロボットに置き換え、仕事を外注し始めた今、これまで以上にフューチャー・スキルが必要になってきます。採用されるための最初のハードルは、自分自身をうまくプレゼンし、自分の考えを明確に伝えることです。また、採用後には、クリティカル・シンキングや問題解決、優れた対人スキルを身に付けていることも、キャリアの成功にとって不可欠になるでしょう。

「ユニークなバーチャル教室で、世界中の生徒にむけて教えるというのはとても素晴らしい機会です。」

Julia Tudway, EtonX Tutor

スキル・ギャップに対処する

EtonXは、このような欠落したスキルに注目し、コースを開発してきました。イートンカレッジのコースディレクターと私たちの教育専門家は、コミュニケーションやリーダーシップ、大学や就職への準備など、実践的な目標に特化した豊富な資料をまとめました。世界中の若者が、カスタマイズされた学習プラットフォームとオンライン教室を利用できるようなコースを提供しています。